Packagejp.heteml.torta.views
Classpublic class CustomQuestionDialog
InheritanceCustomQuestionDialog Inheritance spark.components.TitleWindow

Default MXML PropertymxmlContentFactory



Public Methods
 MethodDefined By
  
コンストラクタ
CustomQuestionDialog
  
show(parent:DisplayObject, message:String, title:String, selections:Array, closeHandler:Function = null):void
[static] 確認ダイアログを表示する。 確認ダイアログが閉じたときに、CloseEventがディスパッチされる。 また、CloseEventインスタンスの変数detailに、どのボタンを押したかの結果(ボタンのインデックス)が格納される。
CustomQuestionDialog
Constructor Detail
CustomQuestionDialog()Constructor
public function CustomQuestionDialog()

コンストラクタ

Method Detail
show()method
public static function show(parent:DisplayObject, message:String, title:String, selections:Array, closeHandler:Function = null):void

確認ダイアログを表示する。

確認ダイアログが閉じたときに、CloseEventがディスパッチされる。 また、CloseEventインスタンスの変数detailに、どのボタンを押したかの結果(ボタンのインデックス)が格納される。

Parameters

parent:DisplayObject — 親のDisplayObject
 
message:String — 表示するメッセージ
 
title:String — ダイアログのタイトル
 
selections:Array — 選択肢の配列 (ボタンに表示する文字列)
 
closeHandler:Function (default = null)

確認ダイアログが閉じたときに呼ばれる関数(CloseEventのEventListener)。 CloseEvent.detailに、選択結果が格納される

0番目のボタンが選択されたときは、0, 1番目のボタンが選ばれたときは、1が格納される。xボタンが押されたときは、-1が格納される。