Air for Android用のファイル選択ライブラリを作成

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Air for Android用のファイル選択ライブラリを作成
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Air for Android用のファイル選択ライブラリを作成Machikita Studio

既存のFileReferenceだとsdcard以下のファイルしか選択できなかったので
ファイル選択するためのライブラリを作成しました。(以前アプリでつくったものをライブラリ化)

<ファイル>

FileChooser.zip (プロジェクトファイルの一式)
FileChooser.swc (ライブラリファイル)

<使い方>

1. ライブラリファイル(FileChooser.swc)を、プロジェクトのlibフォルダにおきます。

 

2. ファイル選択をしたいときに、FileChooserクラスのインスタンスを生成します。
引数として、現在のViewのインスタンス、最初に表示したいディレクトリのパスを指定します。
次に、作成したインスタンスのshowFileChooser()メソッドを呼び出します。

1
2
3
4
5
/* FileChooser(view, 最初のパス) */
var fc:FileChooser = new FileChooser(view,"/");

/* ファイル選択ビューの表示 */
fc.showFileChooser();

 

3. showFileChooser()を呼び出すと、ビューがファイル選択のビューに切り替わります。

 

4. リストから、ファイルを選択すると元のビューに戻ります。選択したファイルのパスは、
FileChooser.selectedPathに格納されます。

元のビューのViewNavigatorEvent.Activateイベントなどで、拾うとよいかと思います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
/**
 * ビューがアクティブになったとき
 *
 * @param event ViewNavigatorEventのインスタンス
 */

private function onActivate
     (event:ViewNavigatorEvent):void
{
    /* ファイルパスがセットされているときは、
        その値をフォームにセットする */

    if(FileChooser.selectedPath != null)
    {
          filePath = FileChooser.selectedPath;
    }
}

※static変数への格納はしたくなかったけど、パスの保持が
どうしてもうまくできなかったのでstatic変数に格納することにしました。

素材は、www.blog.spoongraphics.co.uk
のものを使用させてもらいました。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>