Google Dart Editor (Windows) version 0.1.0 を使ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Google Dart Editor (Windows) version 0.1.0 を使ってみる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Google Dart Editor (Windows) version 0.1.0 を使ってみるMachikita Studio

 
Google Dart公式サイトにてDart Editorが発表されました。

 
Dart Editor は、Eclipseコンポーネントベースのオープンソースエディターです。
Dartの編集と、DartからJavascriptへのコンパイルおよび、作成したWebアプリの実行ができます。

 
早速チュートリアルに習って試してみました。
 


1. ダウンロード&インストール


32ビット版と64ビット版があるので、自分の環境に合ったほうを選んでダウンロードしますッ 。ベータ版を試したい場合は黄色の枠内のDartEditorをダウンロードします。

 

次に、ダウンロードしたzipファイルを適当な場所に解凍します。




2. 起動

解凍してできたフォルダ内にあるDartEditor.exeをダブルクリックして実行します。
実行には JRE (Java Runtime Edition)が必要です。(こちらからダウンロードできます。)


 
起動後の画面


 


3. サンプルプログラムの実行

Dart Editorにはサンプルプログラムが付属しています。このプログラムをEditorから開いてみます。 メニューのFile-> Openを選択します。


 
sunflower.dartを選択します。sunflower.dartは、インストールしたフォルダのsamples\sunflower以下にあります。


 
Sunflower.dartを選択すると、以下のようにプロジェクトが表示されます。左のライブラリ列には、dartファイルのほかに、htmlファイルやcssファイルが並んでいます。また、インポートしたライブラリも列挙されています。


 
緑色の実行ボタンを押すとブラウザ上でプログラムが起動します。
その際、Google Chromeがデフォルトブラウザになっている必要があります。


 
実行したところ



4. プロジェクトの新規作成

今度は、新規にプロジェクトを作成してみます。
メニューのFile -> New Application… を選択します。


 
プロジェクト名を入力してFinishを押せばプロジェクトの作成が完了します。


 
初期状態で、プロジェクト名とHelloWorldを表示するアプリケーションが作成されます。


 
初期状態でdartから変換されたJavaScriptファイルを確認してみると、 なんと6MBもありました。公式サイトでは「ファイルがでかくなるけど心配するな。これから直す」と言っています。これから改善されるのでしょうか。

  1. いず’s avatar

    Dart普及して欲しいのでブログを書きました。よかったら読んでください。

    プログラミング言語Dartの「方向性」はやっぱり正しい / いずログ

    返信

  2. torta’s avatar

    コメントありがとうございます!私もDartに注目しています。

    返信

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>