hetemlでのSVN(Subversion)サーバーの構築とEclipseからの利用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - hetemlでのSVN(Subversion)サーバーの構築とEclipseからの利用方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
hetemlでのSVN(Subversion)サーバーの構築とEclipseからの利用方法Machikita Studio

EclipseからSubversionをつかうときに
だいぶ手間がかかってしまったのでメモ的に残しておきます。(Windowsの場合)

 

hetemlでのSVNサーバーの構築


hetemlに方法が載っているのでこれを参考にします。
SSH アカウントの作成方法
SVN ご利用時の設定( Windows の場合)

 

Eclipse側の設定(FlashBuilderもEclipseベースなので同様)


1. まず、EclipseにSVNクライアントのプラグイン、Subclipseを導入します。

subclipse プロジェクト ホーム のDownload and Installから、使用中のEclipseのバージョンに合うSubclipseの更新サイトを探します。今回は、Eclipse3.5を使用したので、http://subclipse.tigris.org/update_1.6.xが更新サイトとなります。



2 Eclipseのメニュー -> ヘルプ -> 新規インストールを選択します。



3 1.2で、表示されたウィンドウの作業対象:に、1.1で見つけたURLを入れ、追加ボタンを押します。



4 名前は、適当にSubclipseなどと入れておきます


5 インストールするものを選択して、次へ-> ボタンをおします。
次へ->ボタン押すと、インストールするソフトウェアの一覧が表示されます。そのまま次へ->ボタンをします。
その後、利用規約に同意を選択し、完了ボタンを押します。


6 インストール開始前に、以下のような画面がでるのでOKを選択します。
OKを選択すると、インストールが始まります。
インストールが完了すると、Eclipseの再起動が求められるので再起動します。

 



 

環境変数の設定


1 環境変数 SVN_SSHに、 hetemlでのSVNサーバーの構築でダウンロードしたTortoiseSVNに付属するTortoisePlink.exeのパスを入力します。

C:\Program Files\以下にインストールした場合は、
C:/Program Files/TortoiseSVN/bin/TortoisePlink.exeを入力します。\ではなく、/でパスを区切ります。

2 またhetemlの場合は、SSHのポートが2222なので引数として、-P 2222を渡します。


 

EclipseからSVNサーバーへの接続


1 Eclipseを起動したら、メニューから
ウィンドウ-> ビューの表示-> SVNリポジトリを選択します。


2 SVNリポジトリビューが表示されるので、その上で右クリックし、
新規 -> リポジトリーロケーション と選択します。


3 hetemlでのSVNサーバーの構築での接続と同様にして、接続先に
svn+ssh://[ユーザー名]@[ssh接続のアドレス]/[リポジトリまでの絶対パス]/trunkを指定して、完了ボタンを押します。


4 パスワードが求められるので、SSHへ接続する際のパスワードを入力します。


5 接続に成功すると、リポジトリーロケーションが表示されます。
左の→のところをクリックすると、構成管理しているリソースにアクセスできます。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>